甲津原とは

甲津原とは

はじめに

このウェブサイトの甲津原の歴史的、地理的部分は、法雲俊邑氏が書かれた『落人と木地師伝説の地 甲津原のまちおこし』(一粒書房・2014)をもとにまとめています。 この本は、住民への聞き取り調査と、さまざまな文献や資料を検証されてまとめられて...
甲津原とは

滋賀県米原市甲津原

琵琶湖へそそぐ姉川源流の里 甲津原 甲津原は、米原市北東部、東草野地域*の最北にある集落で、伊吹山系西麓の奥にあることから「奥伊吹」ともよばれています。 村の中心の標高は520mで、山にかこまれており、琵琶湖へそそぐ姉川源流にある自然豊...
甲津原とは

甲津原の自然

いのちあふれる自然とのつながり 季節のうつろいとともにある暮らし 春 やわらかい陽がさし、春の気配を感じはじめると、自然には新しい息吹が満ちています。 山裾では山菜が顔をだし、よもぎや山椒が新芽をのばし、山には鮮やかな新緑が...
甲津原とは

甲津原の歴史

甲津原のむかし 古くは縄文中期の土器が出土していることから、先住民が住んでいたことは明らかになっています。 山づたいに人々がやって来て、古くからこの地に住み、狩猟、採集をし定着し、何度か民族の合流や交代や変化をくりかえし、現在の祖先...