自然のめぐみでつくる

日々

甲津原の新米と在来種伊吹そば 2020

水はあじにつながる 山からの豊かな湧水、姉川源流の澄んだ水が流れる甲津原。 今年の夏も、子どもたちと田んぼでホタルを見ました。 甲津原営農組合では、土や川への影響を考え、自然を守りながら水田をつくられています。 そして、寒暖差の...
甲津原漬物加工部

1500kgの梅干し

「今年は梅がようけとれて、1500kgつくったんじゃ」 もうじき85歳、甲津原漬物加工部の山崎トミ子さんは笑顔で言いました。 このすごい量、 80代 3名、60代 2名、たった5名の甲津原漬物加工部のお母さんたちでつくられます...
日々

和製カシューナッツ<バイの実>

甲津原の暦では、昔から10月8日、9日は「バイもり休み」という休日になっています。 山仕事を休む日で、また、その日までに「バイの実」を収穫するという日だそうです。 土地の暦にもなるくらい、古代から親しまれ、食べ続けられてきた、集落のみな...
日々

トチの花は初夏の合図

縄文のころから先住民が暮らした甲津原。 山のなかを移動しながら、自然と一体になり暮らした人たちにとって、 貴重な食料であったトチの実。 トチの実はつよいアクがあり、生命力があふれます。 甲津原のご高齢の方たちは、幼いころから囲炉...
自然のめぐみでつくる

薬草の聖地 伊吹山のヨモギ

滋賀県最高峰の伊吹山は、『古事記』や『日本書紀』に登場する山で、役行者が修行をしたといわれる修験道の山でもあり、なんといっても薬草の聖地であります。 植生に惹かれた織田信長は、伊吹山に薬草園をひらきました。まさに風土が育むゆた...
自然のめぐみでつくる

伊吹鍋

山椒の花や葉でつくる「山椒鍋」。 昨年、白洲正子さんがお気に入りだったと知り、興味をもってつくりはじめました。 料理上手の友人に聞くと「樹木鍋」という名前で、以前からつくっていたそうです。 「まさに今の時期、モクモクしてる樹々...
イベント

生木だヨ!全員集合 @佐々木文具店

スーパー生木ラボ 初個展! スーパー生木ラボの鈴木孝平です。 「生木(なまき・乾燥していない木)を切り口にすれば、日本の森がもっと暮らしに近づく」 をスローガンに、滋賀県米原市、最北端の集落・甲津原で活動中で、米原で唯一のグリ...
スーパー生木ラボ

甲津原の竹や木で楽器づくり!

この website の記事を制作している「甲津原アーカイ部」が企画したイベント「ゆるり」が、8月11日(山の日)、甲津原で開催されました。 スーパー生木ラボでは、イベントに向けてお手伝いした楽器制作の報告をします。 7月、鈴木昭男...
スーパー生木ラボ

バターナイフを作りませんか!

9月1日(日)米原市ルッチプラザでおこなわれる「ゆっくりマルシェ」に出店します。 スーパー生木ラボは、グリーンウッドワークの魅力をひろめたい!と思っています。 生木のカトラリーの販売、バターナイフをつくるワークショップ、生木の加工を実演...
スーパー生木ラボ

サクラの枝でお箸置き

今回のグリーンウッドワークは、かなり素材そのものではありますが、サクラの枝でお箸置きをつくりながら、サクラの木について考えてみました。 甲津原の薬膳料理、山の薬膳ごはん よもぎ、店主の上野さんからお箸置きのご注文をいただきまし...