甲津原の自然

甲津原とは

いのちあふれる自然とのつながり
季節のうつろいとともにある暮らし

やわらかい陽がさし、春の気配を感じはじめると、自然には新しい息吹が満ちています。
山裾では山菜が顔をだし、よもぎや山椒が新芽をのばし、山には鮮やかな新緑がもこもことひろがり、青い空に映えます。
しだれ桜の花が散りおわるころ、いよいよ田植えがはじまります。
やがて緑も濃く深まってゆき、谷沿いでは咲きかわる木々の花を楽しめます。



やがて空は高くなり、陽がジリジリさしはじめ、夏の陽をあびた稲はぐんぐんと、畑の夏野菜も勢いよく成長します。
子たちは姉川源流で川遊び、クーラーのない暮らしはまさに避暑地。
心地よい風のなか、満点の星空をゆったりながめていると、心が開放されます。
暑さがやわらぎはじめると、平家ホタルが舞いはじめ、夏の終わりを知らせてくれます。


暑さがおさまると、豊かな秋の実りであふれる奥伊吹の山。
ミョウガ、バイ、トチ、クルミ、栗、銀杏、柿…
季節を噛みしたときの野生的な美味しさ、力強さに驚きます。
見惚れてしまう山の色は秋色のパッチワーク、緑、赤、黄、茶、オレンジ…
日ごとに色がまざりあい、深まり、冬はもうそこまできています。







虫たちは冬ごもり、白くしんと静まりかえる冬。
雪におおわれた奥伊吹の山の景色はここでしかみることができません。
これがまた最高です。
もちろん雪遊びもぞんぶんに楽しめます。
そして積もる雪が、あらたな芽吹きをむかえる力をはぐくみます。



コメント

  1. Iso より:

    素敵な、いい写真ですね。
    冬景色は、子どもの頃を思い出します。